大正12年創業。昆布の製造販売なら前島食品。

UMAMI & UMAI! エシカルプロジェクト

UMAI & UMAMI!

地球にやさしい、新味を創る。

日本人が愛した〈旨味〉を、
地球にやさしい〈UMAMI〉へ。
その美味しさをいつまでも味わっていただくために、
私たちは持続可能な新味に挑戦します。

地球温暖化の影響もあって、
ここ数年間、
こんぶの漁獲量が
激減しています。

こんぶは海水温の低い海で育つために、食用の約90%が北海道産です。しかし近年、地球温暖化の影響で海水温が上昇し、十分にこんぶが育たなくなってきています。このまま地球温暖化が進めば、いずれ北海道のこんぶが消滅する可能性がある、と指摘する専門家がいるほど、深刻な問題となっています。

地球環境に悪影響を
及ぼしている原因のひとつが、
大量の食品の廃棄です。

食品の製造過程や家庭の食べ残しなどで捨てられてしまう「食品ロス」。こういったゴミを燃やせば、CO2(二酸化炭素)の排出につながるとともに、ゴミ処理にたくさんのお金がかかります。さらに、ゴミ焼却後の灰の埋め立てによる環境負荷も問題になっています。

これまで廃棄していた
「いちばんだし」に着目。
数年間にわたって
研究・開発してきました。

海から引き上げたこんぶは、天日干しをした後に出荷します。家庭でこんぶを使用するとき、表面をふきんなどで拭いますが、前島食品では、洗浄のためにキレイな水で煮ています。その煮汁こそが、旨みが濃く、味わい深い「いちばんだし」。安全性に考慮して捨てていた出汁を商品化できないだろうか…と私たちは試行錯誤を繰り返していました。

丁寧に濾過し、濃縮することで、
安全かつ美味しい
「濃縮こんぶエキス」が完成。

「いちばんだし」の美味しさを知るスタッフは、じっくり丁寧に濾過・濃縮することで、こんぶ本来の風味が消えてしまわない製法を発見。何度失敗をしても諦めず、ついに「濃縮こんぶエキス」を完成させました。さらには、調味料や添加物を一切使わず、沖縄の塩と合わせた「こんぶだし塩」の製造につなげていったのです。

家庭の食品ロスの
大きな原因は「食べ残し」。
それらを少しでも減らす、
こんぶ調味料を。

食材をなるべく捨てずに、おいしく保存してほしい…。そんな想いを込めて「こんぶ締め」に合う、こんぶをまるごと食べる「こんぶ粉末」を商品化しました。「こんぶ締め」のつくり方は簡単。ラップの上に余った野菜・魚・肉などの食材を置き、「こんぶ粉末」と塩をふりかけて、くるむだけ。「こんぶだし塩」でも代用可能です。数時間寝かせれば、野菜や魚は風味豊かに、肉は焼いても硬くなりにくくジューシーに仕上がります。

UMAMI & UMAI! エシカルプロジェクト ウマミプロジェクト 新味への取り組み情報 和崇庵 オンラインショップ